インプラントは残された歯を守る最善の治療方法です。失った歯の健康と美しい笑顔を取り戻しましょう。
インプラントセンター東京・葛飾・足立
インプラント治療と従来の治療との比較

歯を失った場合、歯を補う治療法として、下記の3通りの方法があります。
1インプラント
2ブリッジ(固定式義歯)
3入れ歯(着脱式義歯)

インプラント ブリッジ(固定式義歯) 入れ歯(着脱式義歯)
▲インプラント ▲ブリッジ(固定式義歯) ▲入れ歯(着脱式義歯)

しかし、従来の治療方法では、残された歯に負担が大きく、下記のような
様々な問題点がありました。
1よく噛めない
2外見上不自然になる
3異物感(舌触り)が悪い

特に、ブリッジや部分入れ歯は、支えになっている歯に大きな負担がかかるので、
その歯をさらに失ってしまう例も多く見られます。
インプラント治療はこれらの問題点を解決しつつ歯を補い、よく噛め、さらに残された歯を守ることができる治療方法なのです。

1.インプラント
失った歯を補う方法のひとつで人工の歯根を顎の骨に植えて、それに冠を被せる治療方法。
特 徴
1)残された歯を犠牲にしない
2)しっかり噛める
3)異物感が少ない 
4)手術が必要
5)保険が使えない


2.ブリッジ(固定式義歯)
失った両隣の歯を支えにして、連結した冠を被せて回復する方法。

特 徴

1)支える歯を削って被せる 
2)しっかり噛める 
3)支える歯を失いやすい
4)保険が使えるものもある 
5)異物感が少ない



3.部分入れ歯(着脱式義歯)
残された歯に、金属の留め金を引っ掛けて人工の歯と歯肉で補う方法。
特 徴
1)支える歯を失いやすい 
2)しっかり噛めない
3)異物感が大きい
4)保険が使えるものもある
5)支える歯をあまり削らなくて良い



4.総入れ歯(着脱式義歯)
支える歯が全くない場合は、着脱式の人工の歯と歯肉で補う方法。
特 徴
1)しっかり噛めない
2)歯肉が痩せて安定が悪くなる
3)異物感が大きい
4)保険が使えるものもある
5)味わいにくくなる




インプラント、ブリッジ、部分入れ歯の比較表
比較項目 部分入れ歯 インプラント ブリッジ
異物感 大きい 少ない 少ない
使用感 悪い
(食物残渣が溜まり易い、着脱が面倒)
良い やや良い
(隙間に食べ物が入りやすい) 
噛む力 あまりよく噛めない よく噛める よく噛める
外観 金属の留め金が不自然になりやすい 良い
(しかし、冠の種類や、歯肉の形態によっては不自然になる)
良い
(しかし、冠の種類や、歯肉の形態によっては不自然になる)
発音 やや不自然 自然 自然
清掃性 容易だが着脱が面倒 普通 やや難しい
隣接する歯 留め金がかけられた歯の負担が大きい 余分な負担が無い 削られ、負担が大きい
手術 不要
(必要なこともある)
必要 不要
痛み  歯肉に当たりが出て痛みやすい 手術後に少しある 無いことが多い
治療期間
(冠、入れ歯が入るまで)
やや短い
(型取り後1週間から3週間くらい)
長い
(手術から1ヶ月から7ヶ月くらい) 
短い
(型取り後1週間くらい)
健康保険 使える
(材質、設計に制限あり)
使えない 使える
(材質、大きさに制限あり)
保険を使わない
場合の費用
5万から30万円 1本 
約30万から50万円
冠 
24万円から
(歯が1本無い場合、前後1本ずつ計3個の冠が必要)
インプラント治療とは
インプラント治療とは?
従来の治療との比較
治療しなかった場合
治療方法
インプラント治療にかかる費用
インプラント治療にかかる費用
保証制度
治療における注意点
医療費控除
インプラント治療の流れ
インプラント治療の流れ
手術したその日から噛める
定期健診とメンテナンス
インプラント治療に関して
総入れ歯でお悩みの方へ
必要な手術
インプラントができない人
治療の安全性
インプラントは一生使えるの?
静脈内鎮静
治療例
ご相談
医院紹介
東京都足立区 フレンド歯科
低価格で安全・安心 ワンピースインプラント1本16万円
インプラント保証って何?