インプラントは残された歯を守る最善の治療方法です。失った歯の健康と美しい笑顔を取り戻しましょう。
インプラントセンター東京・葛飾・足立
医療費控除

医療費控除とは
自分自身や家族のために医療費を支払った場合に、
一定の金額の所得控除が受けられることです。
インプラント治療に関わる費用も、この医療費控除の対象になります。

医療費控除の対象となる医療費の要件
納税者が、自分自身又は自分と生計を一にする配偶者や
その他の親族のために支払った医療費であり、
その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であることです。

医療費控除の対象となる金額
医療費控除の対象となる金額は、次の式で計算した金額(最高で200万円)です。
医療費控除の対象額

(※)その年の所得金額の合計額が200万円未満の人はその5%の金額になります。
保険金などで補てんされる金額とは、例えば、生命保険契約などで支給される入院費給付金、健康保険などです。そして、実際の還付金(戻ってくる額)は、国税(所得税)からの控除されたものと(2)地方税(住民税)からの控除されたものの合計額になります。


1)国税(所得税)からの控除額

国税(所得税)からの控除額
確定申告をすると 医療費控除の対象額(A) × 税率=B円が戻ってきます

なお、税率は所得金額によって変化します。

税率


2)地方税(住民税)からの控除額

地方税(住民税)からの控除額
翌年の住民税から医療費控除の対象額(A)× 税率=C円が差し引かれます。
なお、税率は一律10%ですが、
課税所得金額は所得税と住民税とでは、所得控除額の相違により、多少異なります。



医療費控除の例

例1)年収600万円の方が60万円の医療費を支払った場合。 医療費控除の対象額

したがって、国税(所得税)からの控除額10万円+地方税(住民税)からの控除額5万円=15万円が戻ってくる計算になります。
つまり、インプラントの治療費60万円のうち15万円が戻ってくるので、
60万円-15万円=45万円が実際のインプラントの治療費ということになります。



例2)年収1000万円の方が160万円の医療費を支払った場合。 医療費控除の対象額

したがって、国税(所得税)からの控除額49.5万円+地方税(住民税)からの控除額15万円=64.5万円が戻ってくる計算になります。
つまり、インプラントの治療費160万円のうち64.5万円が戻ってくるので、
160万円-64.5万円=95.5万円が実際のインプラントの治療費ということになります。



例3)年収2000万円の方が250万円の医療費を支払った場合。 医療費控除の対象額

したがって、国税(所得税)からの控除額80万円+地方税(住民税)からの控除額20万円=100万円が戻ってくる計算になります。
つまり、インプラントの治療費250万円のうち100万円が戻ってくるので、
250万円-100万円=150万円が実際のインプラントの治療費ということになります。



控除を受けるための手続き
医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を提出してください。  
その際、医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、
確定申告書に添付するか、提示してください。
また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も付けてください。

インプラント治療とは
インプラント治療とは?
従来の治療との比較
治療しなかった場合
治療方法
インプラント治療にかかる費用
インプラント治療にかかる費用
保証制度
治療における注意点
医療費控除
インプラント治療の流れ
インプラント治療の流れ
手術したその日から噛める
定期健診とメンテナンス
インプラント治療に関して
総入れ歯でお悩みの方へ
必要な手術
インプラントができない人
治療の安全性
インプラントは一生使えるの?
静脈内鎮静
治療例
ご相談
医院紹介
東京都足立区 フレンド歯科
低価格で安全・安心 ワンピースインプラント1本16万円
インプラント保証って何?