フレンド歯科/足立区綾瀬の歯科医院
フレンド歯科コンセプト 歯科医院紹介 歯の診療科目 インプラント/歯を失った方へ 歯の治療方針 アクセスと診療時間 フレンド歯科へお問合せ


INDEX 一般歯科 小児歯科 インプラント 矯正歯科 歯周病治療 口腔外科 審美歯科

これまでは歯を失った場合、ブリッジや入れ歯を用いて失った歯を補うことが主流でした。
しかし、これらの治療方法では、残された歯に負担が大きかったり、異物感があったり、
外見上不自然となることが多くありました。

そこで、失った歯の部分にインプラント(人工歯根)を植立し、 そこに冠を被せる
方法が多く用いられるようになってきました。

インプラントは高度先進医療で保険が適応されないので、治療費は実費となります。
しかし、インプラントは見た目も自然で、残された歯に負担をかけることなく
しっかりと物を噛むことができます。



歯を支える骨の中には、上顎洞という空洞や下顎管という神経や
血管が通る管があります。そういった部分にインプラントが貫通する
ことは避けなければなりません。
また、骨の量や厚みが不十分な所にはインプラントを植立することが
困難となります。その場合、インプラント植立前に骨を増やす手術が
必要となることがあります。
インプラント手術に先立って、骨の形態・骨の量・上顎洞や下顎管の
位置など、十分な診査を行っています。



インプラントの術式

1. 骨に専用の器具でインプラントが入るスペースを作ります。
2. インプラントを挿入します。
3. 骨とインプラントが一体化するまでの期間(1〜6ヶ月)負荷(噛む力)をかけず、清潔・安静にします。
4. 冠をかぶせます。
5. インプラントの周囲が不潔になり、そのまま放置されると、インプラント周囲の骨が吸収してくることがあります。
   ですから、定期的な検査・清掃が必要です。


INDEX 一般歯科 小児歯科 インプラント 矯正歯科 歯周病治療 口腔外科 審美歯科

歯のことなら足立区綾瀬のフレンド歯科