フレンド歯科/足立区綾瀬の歯科医院
フレンド歯科コンセプト 歯科医院紹介 歯の診療科目 インプラント/歯を失った方へ 歯の治療方針 アクセスと診療時間 フレンド歯科へお問合せ




私たちは年を重ねるにつれ、虫歯や歯肉の病気、あるいは事故などで歯を失う
トラブルに見舞われることがあります。奥歯を数本失うより、前歯を一本失う方が心理的につらいかもしれません。たった一本の歯を失うことで、歯の機能と審美性が崩れ、食事の時や外見上で不都合を感じるようになってしまいます。
歯を失った患者さんは、出来るだけ目立たない方法で失った部分を修復することを望むでしょう。歯を失うということは歯冠だけでなく、噛む力を支える歯根までもを失ってしまっているのです。
インプラント治療は、人工の歯をあごの骨に植立する治療です。失った歯を元に戻したいというあなたの願いは、インプラント治療によって叶えられるでしょう。
治療結果に関しては個人差があります。

インプラントを1本だけ使って失った歯の治療をします。1本のインプラントによってあたかも自分の天然歯のように自然に感じられます。顎骨の萎縮の心配もなく本来の骨量を維持できます。ブリッジを入れる時のように健康な歯を削る必要もありません。
この場合もインプラントが理想的な解決法となります。
数本のインプラントを歯のない部分に入れ、これを土台としてヘッド部にブリッジをかぶせます。

臼歯が失われた場合、従来は取り外し式の部分入れ歯で咬合機能を回復させてきました。
これに対し、インプラントなら天然歯と同様の間隔の固定式人工歯を入れることが出来ます。
下あごの歯が1本もない場合の修復にはインプラントがよく利用されます。
インプラントのヘッド部をバー上の繊維装置で連結し、その上に取り外し式の入れ歯をしっかりと固定することが出来ます。

歯のことなら足立区綾瀬のフレンド歯科